未来予測『2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ』要約 【後編】

red light ball illustration ハッとさせられる考え方・哲学


この記事は『2030年すべてが「加速」する世界に備えよ』の紹介・後編です。


前編では、同時多発的な技術革新により、エクスポネンシャル(急激な加速)が起こる事例を紹介しました。

この後編では、エクスポネンシャル・テクノロジーのサイクルについて、もう少し深堀りしていきます。

 

gray conveyor between glass frames at nighttime

(成毛眞)5分で学ぶ『2040年の未来予測』要約【前編】(いま何が問題なの?)

5分で学ぶ、安宅和人『シン・ニホン』要約【前編】AI×データの時代

1. エクスポネンシャル・テクノロジーの6つのステージ

person holding white Android smartphone in white shirt

エクスポネンシャル・テクノロジー(指数関数的に急激な加速をした進化)の成長サイクルには、次の6つのステージがあります。

  •  デジタル化
  •  潜行
  •  破壊
  •  非収益化
  •  非物質化
  •  大衆化


これらを以下に、簡単に補足していきます。

 

1つ目、デジタル化。

あるテクノロジーがデジタル化されて、0か1かのバイナリコードの転換ができるようになると、「ムーアの法則」に則った、エクスポネンシャルな加速が始まります。

※ムーアの法則:コンピュータの性能は、18カ月で2倍になるという法則

そして間もなく、量子コンピューティングによって「ローズの法則」に則った、さらに劇的な成長が始まることになります。

※ローズの法則:量子コンピュータの量子ビット数は、毎年倍増するという法則

 

2つ目、潜行。

エクスポネンシャル・テクノロジーは、最初に登場した時に大きな注目を集めます。

しかし、初期の進歩はゆっくりなので、しばらくは世の中の期待に応えられない状態が続きます。

ビットコインが登場したばかりの先行ステージの頃は、マニアックな新しいオモチャとしか思われていませんでしたが、今や金融市場を根本から変える推進力になっています。

 

3つ目、破壊。

エクスポネンシャル・クノロジーが本当の意味で、世界に影響を与え始めるのがこのステージ以降で、既存の製品やサービスや産業を破壊していきます。

その一例が、3Dプリンティングです。

このたった一つのテクノロジーが、今や10兆ドル規模の製造業全体を脅かしています。

 

4つ目、非収益化。

ここは、製品やサービスにかかっていたコストが、そっくり消えてしまうステージです。

以前は、写真を撮るには、フィルムや現像にお金がかかったので、みんな限られた枚数しか撮れませんでした。

しかし、写真がデジタル化した結果、コストは消滅し、今では誰もがコストなど考えずに写真を撮るようになっています。

 

5つ目、非物質化。

ついに、製品そのものが消えるということです。

ビデオゲーム機、テレビ計算機、紙などが該当します。

かつては、独立した製品サービスとして存在していた機能が、今ではあらゆるスマホに標準搭載されるようになりました。

Wikipediaによって百科事典が消え、iTunesによってCDショップが消滅したのも、非物質化の例です。

 

最後の6つ目、大衆化。

エクスポネンシャル・テクノロジーがスケールして、一般に広がるステージです。

携帯電話はかつて、レンガほどの大きさで、ごく一部の富裕層しか手に入れることができませんでした。

今では、ほとんどの人が所有していて、世界でスマホが存在しない地域を探すのは、ほぼ不可能になりました。

 

2. ユーザーフレンドリーが成長のカギ


上記までの
成長のフレームワークに沿って考えると、ユーザーフレンドリーなインターフェースは、潜行と破壊のステージを橋渡しする、とても重要な要素です。

turned on black quadcopter drone


例えば、インターネットの発展を振り返ってみましょう。

マーク・アンド・リーセンは、インターネット発のユーザーフレンドリーなインターフェースとして、1993年にモザイクを開発しました。

モザイクが登場する以前、オンライン上には26個のウェブサイトがあっただけでしたが、その数年後には数十万にまで急増しました。

これが、ユーザーフレンドリーなインターフェースの威力です。

インターフェイスは、テクノロジーを素人が使えるようにすることで、急速にスケール化を可能にします。

今すでに、量子コンピューティングにおけるユーザーフレンドリーなインターフェース、「フォレスト」が誰でもダウンロードでき、本格的な変化はいよいよ目の前に迫っているのです。

 

ということで、今回は『2030年すべてが加速する世界に備えよう』から、重要なトピックを取り上げて紹介しました。

本の中では、最新のテクノロジーによって実際に実現されている技術が数多く紹介されていて、各分野での最先端の動向を知ることができる、十分に読む価値がある本です。

来るべき将来の姿を、一足早く知ることは間違いなく大きなチャンスに繋がりますので、興味を持った方はぜひ実際に読んでみてください。

 

関連書籍をチェックする ✔︎