[山口 周×波頭 亮] 文化・アートをRethinkせよ【前編】(Rethink Japan)

ハッとさせられる考え方・哲学


“いまの私の仕事は、価値を生み出しているのか”

と考えたことはありますか?

「給料もらってるし、生み出してるでしょ?」と単純に思いたいですよね。

その一方で、この仕事に意味あるのかと、モヤモヤを抱えている人も多いのではないでしょうか。

この記事は、そんな “日々の仕事の価値を見直す” という点で、すごく参考になった番組の紹介です。

それが、Newspicksという経済メディアのオリジナルコンテンツ、Rethink Japan

第2回「文化・アート」が、神回でした。

経営コンサルタントの波頭亮さんが、「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか」の著者・山口周さんをゲストに迎え、文化・アートの側面から日本の未来を見つめ直す内容となっています。

発言を議事録的に要約していくので、これを読めば番組のエッセンスをサクッと知ることができますよ。

person taking picture of man wearing brown hat painting

アート思考とは?『13歳からのアート思考』要約【前編】(アートとは何なのか?)

山口 周『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』要約(MBA必読書)

1. 先進国の経済は飽和状態


まずは “経済” という大きなテーマ
について、山口さん、波頭さん、両名の考えを箇条書きでまとめていきます。

日本は、戦後に経済的にアメリカに追い付こうとする、キャッチアップ式の政策を進めてきた。

1970年代いっぱいくらいは、高度経済成長が人々の生活の豊かさに寄与していたが、先進国ではある一定の需要の飽和状態が起こっている

経済学者のトマ・ピケティ21世紀の資本の著者)は先進国では経済成長が1%くらいに落ち着くだろうと言っているが、今の日本は1%の成長すらおぼつかない状態。

IMF(国際通貨基金)はコロナ後は以前の経済成長に戻ると言うが、コロナ以前から世界の先進国の経済成長はほとんどしていない。

現代は資本主義と民主主義が社会を回す2つの方法論だが、これらはたかだか200~300年の歴史しかない仕組み。

しかし、この2つの主義から生まれた市場経済は、いかに豊かに暮らすための手段であるはずなのに、今ではいかにも専制君主的に絶対的に扱われている。

3人の主婦が掃除・洗濯・料理を分業して市場に取り込むことで、GDPは上がるが、それによって子供の近くに居れずに働くことが、果たして豊かと言えるのか。

多くの事が、GDPを極大化するために上手に経済システムに取り込まれてきたが、資本主義と民主主義が賞味期限切れになってきている。

これからは、安全に生きられる世の中から、生きるにたる世の中にする必要がある。

どんな世の中にしたいかという議論がされていない。

こう言われると、今の経済システムのいびつさが垣間見えてきますよね。

では飽和した経済の中では、私たちはどんな世の中にしていくのが良いのでしょうか。

 

2. GDPは破壊によってもたらされる


soldier walking on wooden pathway surrounded with barbwire selective focus photography

衝撃的な題目ですが、どうもそうらしいです。

山口さんは以下のように提言します。

経済学者のデヴィッド・グレーバーの書籍に、「ブルシット・ジョブ ~クソどうでもいい仕事の理論~」があるが、それによると、ほとんどのホワイトワーカーは何の価値もない仕事をしているという。

5分で学ぶ『ブルシット・ジョブ』要約(クソ仕事を辞めたい本当の理由)

では、GDPを増やすにはどうすればいいか。

それは簡単で、戦争を起こすこと。

GDPを計り始めたのは1950年代であるが、当時は戦争敗戦国のイタリア・ドイツ・日本が上位3位を占めていた。

破壊によってGDP成長率は5〜7%ほどに簡単に上がってしまう。

東日本大震災後の福島県の県内GDPは軒並み上がった。

しかし、戦争、自然破壊を意図的に起こすことはインモラルなことで、モラル的に破壊を生み出すために生まれたのが消費

その消費を促す仕組みのことを、マーケティングと言う。

消費はゆっくりとした破壊

破壊・環境・文化を考えた時に、経済成長を追い求めることに欺瞞が生まれているにも関わらず、みんな目を伏せている状態。

GDPが破壊を前提として成長していると知ると、当たり前のように行っている消費活動が、本当に必要なのかと考えさせられますね。

 

3. 教育と偏差値について


私たちが日々当たり前と思っていることは、いつから当たり前となったのでしょうか。

社会をつくるための根幹とも言える “教育” についての発言に触れておきたいと思います。

boy writing on printer paper near girl

今の世の中は偏差値で測られて、良い悪いが判断されている。

明治時代の頃は、泣けなしの外貨で留学してきた大先生が、1年に40人くらいしか教えられず、その希少資源を分配するために、ポテンシャルのある人を選んで教えるということに価値があった。

しかし、今は動画に残したりして、誰でも大先生の恩恵に預かれる世の中であるのに、入試という選別する仕組みだけが残っている状態。

今の世の中は、GDPにどれだけ寄与できるかということを押し付けられていて、偏差値の高い大学を卒業することがオプション・フリー(安定性・生涯年収)に繋がっている

子どもたちは友情が大事と口では言いつつ、最後は偏差値で決まるということを知っているため、いい大学に入るかどうかが大事で、それまで他に何をしても建前になってしまうこと気付いている。

これからはこうした経済合理性以外で、人生の組み立て方が必要。

当たり前のように受けてきた教育も、市場経済の成長を前提に勧められてきたことが見えてきしたね。

もしかしたら、私たちはそのことを分かっていながらも、どんどん社会システムに巻き込まれていくうちに、どこかで疑問に思うことを辞めてしまっているのかもしれません。

 

4. 炭素を排出しない価値の創造


前述のように、経済成長は破壊を前提としていると紹介しました。

では、破壊に頼らない価値の創出は不可能なのでしょうか?

ここでは、それを可能にした事例を紹介します。

white smoke coming out from building

江戸時代の茶碗(油滴天目茶碗)が海外の有名なオークションで3億円で落札されたことがある。

この茶碗ように、意味的な価値を生み出すことで、経済と環境のトレード・オフ(一得一失)を解消しながら経済を回すことができる。

注目すべきは、同じ3億円の価値を生み出すときに車や建築では多くの二酸化炭素を排出するが、この茶碗が時間をかけて生み出した価値は炭素を全く出していない

これは難解な多元連立方程式を一気に解くようなもの。

今までは破壊することで価値を生み出してきたが、欧州の大聖堂のように、今後は真逆で、如何にちゃんと残していくかによって価値を生み出していくことが大事。

 

他方で、このような無形資産をGDPに計量すれば名目的にGDPを上げることができるという議論がある。

これは手法論の話で、そんなことをしてまで、何のためにGDPを測る意味があるのだろうかと考える必要がある。

健康診断は数値を良くするために頑張っているかというとそうではなく、自身の健康のために数値を把握することに意味があるのに、数値のために頑張っているようなものではないか。

無形資産のGDPへの計量はまさにこれに当たる。

“残し続けることで新たな価値が生まれる”という良い事例が出ましたが、それをそのまま経済指標(GDP)に持ち込むことの危険性も提言されていますね。

メルカリなんかも、価値があると思えるモノをそれを同じように評価する人に届けるという意味では、油滴天目茶碗のような見立ての経済はどんどん広がっていると言えるかもしれません。

 

長くなりそうなので、前編はここまで。

続きは後編で。

興味のある方は本編もご覧ください。

登壇者紹介

出典:brain.co.jp

山口 周(やまぐち しゅう)
電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、独立研究者、著作家、パブリックスピーカーとして活躍。
『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』などの著書がある。

関連書籍をチェックする ✔︎