優秀な人材になる方法『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』【前編】

man wearing watch with black suit ハッとさせられる考え方・哲学


あなたは社内でトップ5%に入っている自信がありますか?

かく言う私もそんな自信はないですが、この記事を読んでいるあなたは、少なくともそれに近づくことができます。

この記事では、トップ5%の行動をAI分析で紐解いた越川真司さんの著書『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』を紹介していきます。


簡単に言えば、この本の内容を実践すれば、あなたもトップ5%の人間になれるのです。

それでは早速、内容をみていきましょう。

woman in white shirt using smartphone

『世界の「頭のいい人」がやっていること』(中野信子)【前編】その特徴と考え方

山口 周『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』要約(MBA必読書)

1. トップ5%の98%が、目的のことだけを考えている


この本では、トップ5%とその他95%の人の働き方を、18,000人分のデータからAIによって科学的に解析・比較し、5%の人たちはどのように働いているのか書かれています。

また、5%の社員の行動から抽出した成功ルールを、29社で実証実験した結果、5%以外の社員にも効果が大きく現れたという結果があります。

何も限られた優秀な人だから、その能力あるということではないのです。

man in brown jacket sitting at a table looking at laptop


そして、そのトップ5%の社員とその他の社員の違いの1つに、“目的を考えて行動している”という点があります。

どういうことかと言うと、5%の社員は、そこに至るまでの過程や経緯ではなく、結果を重視した考え方をしているということです。

著者の越川さんは、5%の人たちにアンケートとヒアリングを実施し、その結果を4社のAIサービスを使って分析したところ、を結果や目標という言葉がかなりの頻度で出現し、“達成する”、“認められる”、“成し遂げる”という動詞が多く使われていることが分かりました。

当たり前のような話ですが、トップ5%は目標・目的を大切にしているのです。

それを踏まえて、以下のことを徹底しています。

 

2. 時間を大切にする


5%の人の進捗管理は、目標を表成し遂げるためにフォーカスしていて、そこに無駄な時間はありません。

言われてみると確かに、優秀な人ほど目標や結果が明確で、あまり優秀でない人ほど過程に多くの時間を使いがちな気がしますよね。

person holding red and beige twin bell analog alarm clock


面白いデータで、トップ5%の人はその他に比べて7倍も時計を見るそうです。

また会議では、時間に関することを一般社員の2〜3倍以上発言しているのです。

時間に細いということは、良い意味で、それだけ時間を大切にしているということです。

「そんな時間ばかり追っては、自分の時間がなくなるんじゃない?」

そう思う方もいるかもしれませんが、優秀な人ほど、隙間時間などを上手に使って、まとまった余暇の時間を捻出できていたりします。

逆に、ダラダラとスマホを見てしまう人ほど、時間がないと言ってしまうものです。

 

3. 量より質を徹底する


トップ5%は、仕事において“質”を重視します。

実際、現代の働き方改革では、労働時間数ではなく、労働成果を評価するようにシフトしてきていますよね。

man standing in front of people sitting beside table with laptop computers


質の例を出すとトップ5%は、会議資料などでパワーポイントを用いて大量のページ数の資料を多く作ることよりも、少ないページ数で多くの人が理解できる資料のほうが、価値があることを知っています。

“会議が終わったらもう見なくていい資料”に時間を使わないのです。

実は95%の一般社員は、トップ5%の社員比べて、平均で32%もページ数の多い資料を作成しています。

5%の社員が作成した資料は、ページ数が少ないだけでなく、1枚のスライドに記載された文字数も少なかったです。

これは、彼らが資料を作るという過程ではなく、相手に理解してもらうという結果を目標にしているからです。

あなたも思い切って、明日から資料の作り方変えてみませんか?

もしその資料で、今までと同じように問題なければ、資料を作るという無駄な時間が、その他に使える大切な時間になっていきます。

 

4. トップ5%の社員は弱みを見せる


ここで言う弱みというのは、弱点みたいなものとは異なり、いわゆる“腹の中(うち)”というものです。

つまり5%の社員は、腹を割って話すというのが、とにかく上手いのです。

woman in gray sweater sitting beside woman in gray sweater


例えば、何かわからない事を質問した場合、「もしかしたらお前そんなことも知らないのかよ!」思われてしまうかも知れませんよね。

そのため、多くの一般社員は分からないことを、そのままにしがちです。

一方で、トップ5%の社員はすぐに質問をします。

分からない点を質問するという行為は、それだけ問題に真摯に対応している、または腹を割って話してくれているという印象を相手に与えることを知っているのです。

質問された相手は、それをポジティブに受け止めてくれます。

これは「好意の返報性」と言って、腹を割って話したり、質問してくれたんだから、私も真摯に対応しようと相手もなるのです。

優秀な人の中にはこれを理解して、意図的に使う人もいます。

ググれば分かるようなことを聞くと、“ググれ、カス!”とマイナス効果になる場合もあるので注意ですが…。

後編では、これと似たような話で、自己開示の方法や行動習慣について紹介していきます。

関連書籍をチェックする ✔︎