利回りならインデックスファンド?『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』【前編】

spilled coins from the jar 日々を豊かに、丁寧に暮らす


この記事は、井上はじめさんの書籍「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」の紹介です。


この本は、

  • お金持ちになりたい
  • お金のことで損したくない
  • 自分の人生を自らの手で良くしたい

という方におすすめです。

井上さんは書籍の中で、

僕がこの書籍で伝えたいのは、「少額でいいので投資信託を始めてみませんか?」

ということではありません。

お金の不安をなくして、あなたの人生をより良くしてほしいのです。

と語っています。

普通に暮らしながら、いかにお金の不安から解放されるか。

全3回に分けて具体的な方法を解説していきます。

 

man writing on paper

『億を稼ぐ積み上げ力』【前編】続けるにはコツがある(マナブログ)

5分で学ぶ『ブルシット・ジョブ』要約(クソ仕事を辞めたい本当の理由)

1. ごく一般的なサラリーマンが1億円貯めたということ


著者の井上はじめさんは、本人曰く普通のサラリーマンで、今の給与は新入社員の時とあまり変わらず手取り22万円以下。

会社の会議やミーティングの中で積極的に発言することが苦手で、職場の上司や同僚とコミュニケーションをとるための会社の飲み会では早く帰りたいと思ってしまうタイプだそうです。

man in blue dress shirt and black pants standing on blue floor
  • 仕事とプライベートはしっかり分けてプライベートを充実させたい
  • 出世した上司や他の部署の先輩社員を見ていると、誰かの上に立つのは大変そうだからやりたくない
  • 営業していた時の上司から営業マンとしてのバイブルにしなさいと言われて渡された
  • 交渉術のビジネス書よりも、友情・努力・勝利のバイブルであるワンピースを愛読している

 

など、井上さんが考えていることは、ごく一般的ですよね。

さらに27歳の時に交通事故で首の骨を傷め、社会復帰まで2年6ヶ月かかったそうです。

その後、デイトレーダーをやってみても失敗。

アフィリエイトで生活を成り立たせるためにメルマガやブログなどを2ヶ月やってみたものの、読者は10人しかいなかったなど、いろいろと挫折されています。

しかし、現在はある方法で1億円を貯めているそうです。

お金を稼ぐ力、際立った投資センスがなくても、お金を増やすことができると、井上さんは言います。

本書は33歳手取り22万円以下の一般的なサラリーマンが、1億円を貯めるまでのストーリーだということを念頭に、

以下の具体的な3つの方法を、読み進めてみてください。

  1. 全世界株式インデックスファンドに投資をする
  2. 投資信託の始め方
  3. 不動産投資で資産を築く

 

2. 全世界株式インデックスファンドを買って資産を構築


お金を増やす方法の1つ目、全世界株式インデックスファンドに投資することは、誰にでもできて、高確率で増やすことができる方法です。

そして、これが著者の人生最大の発見だったと言っています。

woman using telescope


井上さんは、交通事故にあった経験から、何かあっても会社を守ってくれないということを実感したそうです。

営業から内勤にしたらどうかとか、しばらく時短勤務にしたらどうかなどの話は一切なし。

代わりはいくらでもいるサラリーマンだと感じ、そこから会社に頼らず自立した生活ができるようにいろいろ副業に挑戦しました。

色々なことに挑戦できたのは、約2,000万円もの貯金があり、経済的な余裕があったからです。

手取り22万円で6年しか働いていないのに、なぜ貯金が2000万円あったのでしょうか。

それは、全世界株式インデックスファンドにコツコツ投資をしていたためです。

インデックスに積み立てていた800万円が、2,200万円もの大金に膨れ上がっていた。

そのおかげで、それがセーフティネットとなり、色々なことにチャレンジでき、たとえ失敗しても勉強だと割り切ることができたと井上さんは言います。

なぜ、全世界株式インデックスファンドにコツコツ投資するという選択が取れたのか?

それは、大学生のときに人生最大の発見、“人口が増え続ける限り、GDPは増える”ということに気づいたからです。

 

3. 人口と富は増え続けるという事実


GDP(国内総生産)は、その国で1年間に稼がれたお金の総量。

つまり、世界人口が増え続ける限り、世界で稼がれたお金の総量は増えるということです。

日本は人口が減っていてあまり実感が湧きませんが、世界という視点で見てみれば人口はずっと右肩上がりで増えています。

その人口の増加に比例するように、世界のGDPもすごい勢いで増えていることが分かった著者は、人口統計について調べてみると、世界人口は1日に20万人ずつ増え続けている事実を知ります。

aerial view of people walking on raod


そして著者が定年を迎える2050年ごろには、人口が100億人に迫る勢いだということを知ったそうです。

人口統計は外れにくい予想なので、2050年には100億人に迫ることは、ほぼ確実な未来だとされています。

そして実際に、世界のGDPの合計も1985年は13兆円、2005年は47兆円、2015年は714兆円というように増えています。

1985年から2005年までの20年間で、全世界のGDPは3.6倍。

ゴールドマンサックス社は、2050年には世界のGDPは250兆ドルになると予想しています。

単純に人口が増えれば働き手も増えるので世界中で稼がれ、お金の総量であるGDPも比例して増える。

それに伴って、世界経済は2050年まで成長し続けるだろうというロジックです。

世界が豊かになったのは科学の進歩や農業技術の発達だけでなく、それらを推進する燃料ともいうべき世界の人口とお金の総量が増えたことも原因

と著者は思ったそうです。

person holding light bulb


この人生最大の発見、人口が増え続ける限りGDPは増えるということを信じて、著者は人生最大の決断をしました。

就職してから入ってくる給与は、生活費を除いて毎月10万円を30年間、合計3,600万円を積み立てる。

そしたらきっと億万長者だと思ったそうです。

就職後、給与が4倍になる可能性はほぼゼロ。

しかし、世界経済に投資できれば資産は4倍にできる可能性はあります。

1985年から2015年までで世界のGDPは、5.7倍に増えていることからも、可能性はありそうですよね?

このように、井上さんは大学時代の人生最大の発見をし、新入社員になって6年間で800万円を積み立て、実際に2,000万円以上の資産を築いたのです。

この続きは中編後編で。

 

関連書籍をチェックする ✔︎