不屈の芸術家、艾未未(アイ・ウェイウェイ)は謝らない【壺、鳥の巣などの作品背景を解説】

アート・デザインの豆知識

写真引用:アイ・ウェイウェイ Courtesy of Ai Weiwei Studio and the Gardiner Museum

何かを見透かすような、鋭い眼の男。

彼の名は、艾未未(アイ・ウェイウェイ)。普遍的人権などのテーマに、アーティストと社会の関係を考えるうえで国際的に注目されている、中国人現代作家の一人です。彼は中国における激動の時代に生まれ、今なお急激に変化し続ける内情と真正面から向き合ってきた数少ない存在として、人間の存在や条件など根源的な問題を提示し続けています。この記事では、彼の生い立ちや活動背景、中国当局との関係などについて、解説していきます。この機会にぜひ、彼の不屈の精神を知っていただけたらと思います!

 

1. 労働者収容所で過ごした幼少期

前衛集団「星星画会」(1980年)

 

艾未未(アイ・ウェイウェイ)(1957年、中国・北京生まれ)は中国の現代美術家、行動家。彫刻、インスターレション、建築、写真、映像など、表現は多岐にわたり、また文化批評家、社会・政治評論家としての顔も持つ。艾(アイ)の父は有名な詩人の艾青(アイ・チン)で、母は同じく詩人の高瑛(コウ・エイ)。父は文化大革命の反右派闘争の際に、中国共産党から非難を浴び、共産党から除籍される。さらに、艾が1歳のときの1958年、家族はそろって黒竜江省の労働者収容所に送られる。1年半後の1960年には、新疆ウイグル自治区の石河子の労働改造所に強制送還され、艾はそこで育ち、16年間を電気もない原始的な生活で過ごすことになる。文化大革命が終わる1976年、家族は労働から解放され、北京に戻れることになった。

1978年、艾は北京映像大学でアニメーションを専攻。校内でのみ上映が許されていた30年代の中国映画やハリウッド映画を目に焼き付けていった。また同年、陳凱歌 (チェン・カイコー) や張芸謀 (チャン・イーモウ)らとともに、前衛芸術集団である「星星画会」を立ち上げ、活動を開始する。1983年、中国政府からの圧力で解散するが、艾はその後も同グループに関する展示「星星:10年(1989年)」を開催したり、回顧展「出発点(2007年)」に参加したりしている。

 

2. アメリカでの滞在

艾未未《Self-portrait(1987年)》

 

1981〜93年の間、艾はアメリカに滞在している。当初は英語を学習した後、ニューヨークに移り、パーソンズ美術大学に入学。その後、1983〜86年まではイサム・ノグチやマーク・ロスコなど数多くの有名作家を輩出したアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨーク(The Art Students League of New York)に在籍。そこでは、ノックスマーティンやリチャード・プッストゥダート、ブルース・ドーフマンらとともに芸術活動を展開するが、その後退学。路上で肖像画を描いて生活したり、日雇い仕事をしたりして生活をつないでいた。

当時、艾はマルセル・デュシャン、ジャスパー・ジョーンズ、さらにアンディ・ウォーホルなどの作品を研究しており、レディ・メイドの手法を利用したコンセプチュアル・アートや、パフォーマンス・アートを開始している。また、ニューヨークにいる間に、ビートニク詩人のアレン・ギンズバーグと出会っている。彼は中国を旅行し、そこで著名な詩人であった艾の父(文青)に会ったことをきっかけに、艾との関係はより親密になったそうだ。後の後漢の壺を落とすパフォーマンス(2016年)や、「コカ・コーラ」と書かれた壺や花瓶には、デュシャン的なレディ・メイドからの影響と、ウォーホル的な資本主義化する中国への批判が見て取れる。

艾未未《コカ・コーラの花瓶(2014年)》 漢王朝時代(紀元前206年〜西暦220年)の花瓶に塗装

 

同じくニューヨークに滞在中(1983〜93年)、艾はカメラをいつも携帯して歩き、自分を取り巻く環境を撮影している。現在その時の写真は選別され《ニューヨーク写真》という作品群として知られている。そこには、ドラァグ・クイーンのようなメインストリームから外れた人々や、差別されている人々が度々現れている。なお同時期、艾はブラックジャックに熱中、現在でもギャンブル業界において、一流のブラックジャックのプレイヤーと認識されているそうだ。

 

3. 艾、ふたたび中国へ

艾未未《遠近法の研究》

 

1993年、父(文青)が病気になったため、艾は中国へ戻る。その後、実験的な芸術コミュニティ「北京イースト・ヴィレッジ」の設立を手伝い、そこで中国人キュレーターの馮博一とともに、新世代アーティストに関する3部作「黒本(1994年)」、「白本(1995年)」、「グレー本(1997年)」を出版。このコミュニティには、張洹や馬六明などのパフォーマンスアーティストらが参加し、1990年代前半の中国現代美術の中心的存在となった。1999年、艾は北京北部へ移り、そこにスタジオを作る。そこは、この頃に建築に関心を持ちはじめていた艾の最初の建築作品であり、さらに2003年には建築スタジオ「フェイク・デザイン」を設立している。以降、北京を拠点に活動を続けている。

2000年に開催された上海ビエンナーレでは、艾は展覧会「不合作方式(Fuck off )」を馮博一とともに企画。参加作家の中には、肉体を酷使するようなパフォーマンスアートに留まらず、本物の人の死体を用いた作品を作るアーティストまで登場する衝撃的な内容となり、中国人の現代美術展として最も有名なものとなった。

 

積極的なインターネット活動

2005年、艾は中国で最も巨大なブログサービス「新浪微博」でブログの執筆を開始。そこから4年間、ブログで中国共産党の政治方針を批判。芸術や建築に関する独自の思想や自伝的な内容、厳しい社会批評などを定期的に投稿し、中国国内の注目を集めた。しかし、政治への影響力が増したために、中国当局は2009年にブログを強制削除。それ以降、艾は毎日Twitter(@aiww)で意見を投稿するようになり、主張の場所を移し変えている。また、現在はInstagram (@aiww)にも手を伸ばしている。

 

4. 鳥の巣のデザイン監修、四川大地震の実態調査

艾未未《鳥の巣(2008年)》

 

艾は2008年、北京オリンピックの開催に伴う北京国立スタジアムの設計デザインの依頼を、スイスの建築家集団、ヘルツォーク&ド・ムーロンと協働で受けた。彼は通称「鳥の巣」と呼ばれる建物をデザイン監修すると同時に、反オリンピックの立場を表明したが、中国メディアそれを無視。具体的には、2007年夏、オリンピックの開会式演出に起用されていたスティーブン・スピルバーグや張芸謀などに対して、芸術家としての責任を果たさずに、このようなイベントに関わるモラルを非難。2008年2月にスピルバーグは、顧問役を降板すると発表した。

一方で、艾はなぜ「鳥の巣」のデザインを続けたのかについて、「私はデザインを愛しているから、それを行なった」と語っている。2007年のドクメンタ12では1001人の中国人をカッセルに招待するプロジェクト〈童話〉や、この鳥の巣デザイン監修をきっかけに、艾は国際的な注目を浴びることとなる。

 

四川大地震の実態調査

2008年5月、四川大地震が発生すると、艾はチームを編成して救援に向かいつつ、震災後のさまざまな被災の状況をビデオ撮影して廻った。また、児童や学生たちが校舎の下敷きとなって死亡する被害などの、全貌が公表しない中国政府に対し、自らのブログを介して犠牲者の実態調査を始める。2009年4月、調査を基とした5385名の死亡者が犠牲者のリストに足された。また、2009年5月、艾は中国当局に削除されたブログに投稿していた、膨大な調査資料と同様の内容の書籍を出版。北京にあるオフィス「FAKE Design」の壁には、犠牲者の名前リストを掲載、人権活動家としての立ち位置を明確にした。

翌年の2009年8月、艾は同プロジェクト関連の裁判の証人として向かった四川・成都で警官から殴打されて以来、頭痛に悩まされ活動に専念することが困難に。9月には脳内出血でドイツ・ミュンヘンの病院に緊急入院、手術を受けた。

ミュンヘンの病院での艾未未

 

5. 脱税容疑で中国当局から逮捕

保釈後、北京のスタジオで会見する艾未未。

 

2011年4月、艾は脱税を理由に逮捕され、彼のスタジオには強制捜査が入る。数十人の役人や警官がスタジオに立ち入り、内部を捜索。パソコンやハードディスクなどが押収され、さらに艾の8人のスタッフと妻・路青が拘束された。その後、艾への拘束は4月〜6月の81日間続いた。釈放後の中国当局の発表によると、艾は “罪を白状する良好な態度” にあり、税金の返済意思、慢性的な持病などの理由で保釈したという。ただし、1年間許可なく北京から離れることを禁じられた。さらに保釈後も、常に2人の警備員が艾を見張っていたという。

その年の11月、当局は今度は公然わいせつ罪の容疑で艾と同僚を調査。再び妻・路青が警察に尋問され、数時間後には釈放された。2012年6月、艾の保釈は解除。北京から離れることを許可されたが、警察は他のさまざまな犯罪容疑を理由に海外渡航を禁止、メディアとの接触制限など緊迫状態が続いた。

 

6. アイ・ウェイウェイは謝らない

 

2012年、アメリカ人映画監督のアリソン・クレイマンは、艾のドキュメンタリー映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」を制作。2012年のサンダンス映画祭で審査員特別賞/挑戦の精神賞を受賞。また、2012年4月にトロントで開催された、北アメリカ最大のドキュメンタリー祭「ホットドックス カナダ国際ドキュメンタリー祭」でも受賞した。また2012年10月、韓国人ラッパーPSYの「江南(カンナム)スタイル」のパロディ動画をYouTubeに投稿。中国当局に対する静かな圧力を批判した内容であったが、動画はすぐに当局によって削除された。

 

2014年4月、上海当代美術博物館で開催された、中国の現代美術の発展と推進を目的としたグループ展で、開始直前に審査委員メンバーや受賞者リストから艾の名前がスタッフによって取り除かれてしまう事件が発生。艾は当展で過去に「生涯貢献賞」を受賞しており、3つの賞の審査員の1人でもあった。なお、艾がこの時に出品予定だったインスタレーション作品《ひまわりの種とスツール》は、2015年のアート・バーゼル香港のミヅマアートギャラリーのブースで展示された。

艾未未《ひまわりの種とスツール(写真、エッセイ、ひまわりの種2箱、8つの椅子)》

 

人間の根源的な問題の実践

日本国内では、2009年に森美術館で日本初の個展「アイ・ウェイウェイ展 — 何に因って?」を開催。46万人も来場し、話題を呼んだ。2011年には、アメリカの「タイム」誌の「世界でもっとも影響力のある100人」に選出されている。艾の一連の活動は、アーティストと社会の関係を考えるうえでのひとつのモデルとなり、国際的にも重要なアーティストのひとりと考えられている。

急速に近代化が進む現代中国に身を置きつつ、欧米が牽引した近現代美術と自国の美術の関係、伝統的なクラフトマンシップと構造といったテーマから派生。アートのプロジェクトを通して社会や歴史、ひいては人間の存在や条件など、根源的な問題を考えさせる艾未未(アイ・ウェイウェイ)の実践は、視覚的な明快さや審美的価値を保持しながら、アーティストや芸術活動の可能性を世界に提示し続けている。

 

挑発する芸術家、ヨーゼフ・ボイスの生き様(奇抜な作品の哲学、社会彫刻とは何か、残した名言)

ポップアートの代表者、ロイ・リキテンスタインの作品と魅力を解説【独自の技法と制作背景】

便器がアート?コンセプチュアル・アートの祖、マルセル・デュシャンを解説【見立ての世界観】

5分で学ぶ、アンディ・ウォーホル【シルクスクリーンからファクトリーまで】