スティーヴン・キングの虚無映画3選!(ランゴリアーズのクセが強い)

日々を豊かに、丁寧に暮らす

 

スティーヴン・キングというSF作家を知っていますか?

スティーブン・キング 出典:映画.com

スタンド・バイ・ミー」、「シャイニング」、「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」。どれも一度は聞いたことのある名作映画だと思いますが、これらは彼の原作です。

素晴らしい原作を数多く世に生み出してきたキングですが、その中には世間的に“何でそんなエンディングになるの?”と、胸糞悪い作品が多いとの評判もあります。

この記事では、そんな一風変わったスティーヴン・キングの虚無感溢れる映画を3つ紹介します。私個人としては、その絶妙な世界観に心惹かれることが多いです。

 

1. 作品全体を包み込む暗〜いイメージ「黙秘」(1995、131分)

 

最初は、スティーヴン・キングの小説「ドロレス・クレイボーン」が原作の「黙秘」です。

ニューヨークで雑誌記者として働くセリーナは、故郷で長年疎遠だった母・ドロレスが殺人を犯したと連絡を受け帰郷。母は家政婦として働いている家の家主、ヴェラ・ドノヴァンを殺害した容疑にかけられていました。実は母は18年前の日蝕の日も、夫の殺人容疑で疑われていた過去があったのですが、その両方ともを否定。ドロレスと久々に会い、事件の真相を聞き出そうとするセリーナですが、彼女は無実を主張する一方で、詳細については一切黙秘を貫きます

事実と真相を過去の描写とともに振り返りながら描いた本作。母と娘の会話から徐々に真実が浮かび上がっていきます。結果としては親子愛を描いている映画ですが、その暗い印象から何とも言えない感じに仕上がっています。

母親役は映画「ミザリー」でアカデミー主演女優賞を受賞した、キャシー・ベイツホラーっぽい雰囲気ですが、こんな怖い顔やグロい描写は一切ないのでご安心ください。

 

2. ラスト15分は胸糞か、それとも希望か「ミスト」(2008、126分)

petaled flower near brown bridge

長い時間すったもんだした後に、決死の覚悟で視界ゼロの白霧の中を自動車ので進むことをついに決意。霧の中を進むと、そこにはあまりにも巨大すぎる異形の生物も出現するが、それは恐ろしくもどこか優美で、デヴィットは清々しささえ感じているかのようです。

そして、思わず目を疑うような驚愕のエンディングが用意されています…。まさに虚無。集団異常心理を回避できた人々ですら避けて通ることができない、生きることの中で遭遇する怖ろしいものの存在を暴き出されます。

 

3. 当時からしても雑なCGが逆にクセになる?ランゴリアーズ(1995、180分)

深夜便の旅客機。順調にフライトを続ける航空機の中、盲目の少女・ダイナは眠りから目を覚ます。すると隣りに座っているはずの叔母が衣服を残していなくなっていることに気づく。
なんと、10人の乗客を除いて、ほとんどすべての乗客が消えてしまっていたのです。

偶然にも飛行機に乗り合わせていたパイロットのエングルは、無線で管制塔と連絡を取ろうとするが繋がらず、やむなく近くの飛行場へ着陸。しかしそこにも誰もいない異様な状況に、乗客の一人であるエリート銀行員のトゥーミーはパニックを起こし、正気を失いかける。

そして彼は、ある過去の話を思い出します。怠け者は「ランゴリアーズ」という化物に生きたまま喰われちまうんだ”と脅してくる父親との思い出。世界を喰いつくす怪物、ランゴリアーズ。喰われた後は何もない暗黒が残るだけ。

 

closed glass-panel window inside dark room

この作品も、ミスト同様、限られた空間での人間の心理状態を描いていますが、胸糞具合は優っていると思います。小学生の頃に観てからというもの、何度夢でランゴリアーズに襲われたことか…。

以上、スティーブン・キングの虚無感を感じる映画を3つ紹介しました。このブログでは、他にも映画について紹介しているので、よかったら見てみてください。

【作品解説】マクドナルドを描いた2つの映画(ファウンダー、スーパーサイズ・ミー)

【AI映画】ありそうな未来を描いた、ちょっと切ない作品3選!(エクス・マキナ、Her、EVA)