【5分で学ぶ】強烈な死生観!ダミアン・ハーストの作品(サメ、牛、ひつじ、蝶)

わくわくするデザインの豆知識


ダミアン・ハーストという名前を聞いたことありますか?

生者の心における死の物理的な不可能さ (1991) 出典:sniffingeurope

これは彼の代表作の一つで、サメをホルマリン漬けで保存した作品です。
(※ オリジナルのイタチザメは腐敗したため、2006年に交換)

初めて見ると、“気持ち悪い” とか、“下品” といった印象を受けるかもしれません。

しかし、彼ほど戦略的に現代アート界に作品を発表している人は他にいない!

と言っても過言ではないほど、したたかで考え抜かれた制作背景があります。

死んだ動物をホルマリン漬けにする、“Natural History”という一連のシリーズは、彼の現代アーティストとしての地位を不動のものとしました。

この記事では、ハーストの戦略的なアーティスト活動について、サクッと解説していきます。

 

杉本博司はなぜ悠久のときを表現するのか(ジオラマ写真から美術館運営まで)

『DEATH「死」とは何か』要約(社会、不安、恐怖、死はなぜ怖いのか?)

1. アートとビジネスの間に生きるハースト

ダミアン・ハースト 出典:http://seachsearchsearch.blog.fc2.com/

ダミアン・ハースト(Damien Hirst, 1965年6月7日生まれ)はイギリスの現代アーティスト、実業家、コレクター。

ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)」の中心的な存在であり、1990年代のイギリス・アートシーンに最も貢献した人物です。

若干23歳にしてアート界にデビューし、

“ハエとその餌としての牛の頭、電撃殺虫機で構成された箱”

で、この世の生と死の縮図を表現した「一千年 (1990)」を発表するなど、イギリスで最も稼ぐ異才のアーティストとして知られています。

一千年 (1990)   出典:This is media

ハーストの芸術活動は、1990年代にコレクターのチャールズ・サーチ氏との密接な関わりにより発展してきました。

しかし、彼とは摩擦があり、2003年ごろから両者は疎遠になっています。

その後、2008年9月にハーストは、ビジネスとしてアート活動を行う芸術家として前例のない行動を取り、美術界を驚かせます。

自身の作品を、ディーラーやギャラリーを通すことなく直接オークションにかけたのです。

ハーストは、複数の作品を直接サザビーズのオークションにかけて売買したのですが、そうした行為をした芸術家はサザビーズの歴史的において、はじめてのことでした。

The Golden Calf (2008) 出典:NY Times

本来、“作品の制作に集中し、売買は他者に任せる”、というかそうせざるを得ないアート界において、こうした行動が取れたのは、ハーストのビジネスマン、キュレーターとしても敏腕である側面があってのこと。

オークションの日は奇しくもリーマン・ショック当日でした。

しかし、合計約144億ドル(約211億円)で作品は落札され、当時の現役芸術家史上、最高額落札総額を記録します。

そんなハーストは「お金とアートの関係」について、こう語っています。

最初の頃はアートに金をつぎ込みながら、自分を騙しているんじゃないかと心配になることもあった。アートなんかより金のほうが重要なんじゃないか、と。

でもアートは世界で一番強い貨幣だと思う。

悪意や冷淡や不正が世間にははびこっているが、それでもまだアートがあり、人々はまだそれを買っている。アートは屈服させられていない。

ーーダミアン・ハースト(引用:美術手帖2012.07)

2. ハースト作品の特徴


「死」はハーストの主要テーマです。

ホルマリン漬けされた動物(サメ、羊、牛など)や、ハエやチョウによって繰り広げられるライフサイクルなど、

儚う存在を妥協なく探求すること

それが、彼の作品の特徴です。

冒頭のサメの作品「生者の心における死の物理的な不可能さ」は、全長5.4m、23トンもあり、ケースの秩序だったラインとリズムが、ミニマリズムをイメージさせます。

一方で、その中身がサメの死骸で有機的であり、鑑賞者に恐怖心を与えます。

生と死、宗教と医学、信仰と頽廃 ──

これらの “人類史に関わる壮大で深淵なテーマ” を統合しながら、どぎつくもキャッチーでポップな視覚的表現により私たちを驚かせてくれます。

Aubade, Crown of Glory (2006) の細部 出典:Pinterest

蝶はハーストの初期の作品から頻繁に使用されています。

このステンドグラスの窓(約2.4m × 3m)は、何千もの鮮やかな色の蝶で構成されています。

また、シリーズ化された作品が多いのは、何度も表現することで説得力が増すからだと本人が言っています。

死から逃れたい一心で、人間が過剰な何かをつくり出す。洞窟を飾り立てるのと同じじゃないか?

飾り立てると決心したら、“何を使って飾り立てるか?”という問題になる。

アートとはつまりそういうもの。

ーーダミアン・ハースト(引用:美術手帖2012.07)

若干何言ってるのか理解に苦しい表現ですが、つまりそういうものです。

3. 現代アートとしての要素が詰まったハースト作品


現代アートとは何か(著: 小崎哲哉、2008)」という本の中で、現代アーティストが作品を創作する動機には、以下の7つがあるとされています。

  1. 新しい視覚・感覚の追求
  2. メディウムと知覚の探求
  3. 制度への言及と意義
  4. アクチュアリティと政治
  5. 思想・哲学・科学・世界認識
  6. 私と世界・記憶・歴史・共同体
  7. エロス・タナトス・聖性

これを誤読を恐れずに数値化しながら鑑賞すると、アート読解の助けになるそうです。

この評価軸において、ハーストは全ての要素がほぼ満点で、現代アーティストとしては完璧に近いと言えます。

最後に、もう一つ作品を紹介して締めたいと思います。

神の愛のために (For the Love of God (2007))  出典:bentley-skinner

これは、18世紀の男性の頭蓋骨を実物大にかたどり、その表面に8601個の無傷のダイヤモンドで覆った豪華な作品になります。

歯だけは骸骨からの現物支給です。

この作品についてハーストは、ハエの作品と同じように “奇妙な生命が宿っている” と言います。

また、自分に“死に対してお前が払える最高額はいくらか?”と問いながら作ったそうです。

多くの人に、「手を抜いて、制作費を浮かせたほうがいい。」と言われたそうですが、鼻や口の中まで無傷なダイヤモンで埋め尽くし、妥協なく完璧を求めたとのことです。

“生まれて、生きて、死んでいく” という人間の根本と対峙し続けている、それがダミアン・ハーストというアーティストです。

関連リンク

杉本博司はなぜ悠久のときを表現するのか(ジオラマ写真から美術館運営まで)

『DEATH「死」とは何か』要約(社会、不安、恐怖、死はなぜ怖いのか?)