【何がすごい?】5分で学ぶ、ドナルド・ジャッドの生涯や代表作を解説!

Judd, Donald
アート・デザインの豆知識

 

カラフルで抽象的なボックス。

これは家具でしょうか?それともアートでしょうか?

この彫刻作品の作者は、ドナルド・ジャッド

ジャッドの彫刻作品は、今でこそシンプルでありふれているようにも見えますが、戦後のアメリカ美術に最も変革をもたらした芸術家として高い評価を受けています。

アルミニウムやコールテン鋼など産業素材と呼ばれるものを芸術に導入した抽象的な彫刻。

この記事では、色彩、形態における純粋性、空間と作品の関係性を追求したジャッドの作品について、紆余曲折した経歴をたどりながらその魅力や特徴を解説していきます!

 

1. ジャッドの生い立ちと美術評論家としての頭角

 

ドナルド・ジャッドは1928年6月、アメリカのミズーリ州生まれ。10代半ばまでに、6回の引越しを経験しながら、11歳で美術教室に通い始めます。

高校卒業後、ジャッドは1946〜47年にかけて朝鮮戦争に従軍。その後、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで絵画を学び、コロンビア大学で哲学を学びました。

 

絵画への不満

1950年代から本格的に絵画を制作し始めますが、当時のこれらの作品は彼のカタログ・レゾネ(全作品目録)には含まれていません。1952年に最初のグループ展を開催し、1957年には抽象表現主義の初個展を開催するも、自作に不満を抱えていました。

1958~1960年、コロンビア大学の修士課程で美術史を学び、在学中から美術雑誌に展覧会評を書いて収入を得るようになる中、1950年台半ばから1961年まで、ジャッドはウッドカットのメディウムの研究を始めたことをきっかけに、どんどん抽象的なイメージの方向へ変化し、物質性がジャッドの作品の中心となります。

彼はこの時期、展示する価値があると判断した作品のみを展覧会で披露しました。

 

批評家としての活動

作品制作の傍ら、1957年〜62年にかけて、ジャッドはコロンビア大学で美術史を学び、ルネサンス建築から20世紀美術に至るまで幅広く研究しました。

1959年〜65年までは、アメリカの主要な美術雑誌に美術評論を執筆。「アーツ」誌にも寄稿し、抽象表現主義以降の芸術について多くの言及をしています。この頃から、ジャッドは従来の物語的な絵画様式から離れ、絵画の物質そのものが自律する方向へ移行し始めます。

 

 

2. 立体作品への傾倒

「無題」1962年

 

1962年、ジャッドはついに絵画の制作をやめ、レリーフ状などの立体的作品の制作を本格的に開始します。

彼のこの時期の作品は、木や金属パイプを使用し、同形のユニットをそれと等しい間隔で壁の上下に重ねるように設置する「スタック」や「ボックス」、数列に基づいて部分体表さが決められ壁に設置される「プログレッション(=数列) 」などのシリーズを発展していきます。

当時、ジャッドのこれらの作品は、絵画でも彫刻でもない、工業的なプロセスを用いた小さな製造者によって制作されたものであることを指摘されました。

 

ジャッドはあるディスカッションで、「本物の芸術家は自分たちで芸術を作る」というマーク・ディ・スヴェロの主張に対して、「結果が芸術を生み出す限り、方法は重要ではない」と異を唱えています。

さらに1964年、ジャッドは『明確な物体(スペシフィック・オブジェクト)』という論考を発表し、ヨーロッパ的な美術価値観を拒否しながらも、アメリカ現代美術の新しい領域を探求していきました。

 

個人的なスタジオと展覧会

1968年、ジャッドはニューヨークのSOHO地区、スプリング・ストリートにある建物を購入し、アトリエとして使用し始めます。彼はそこで、キュレーターの介入に寄らないかたちで自身の作品を常設展示しはじます。

その後25年間、ジャッドはアトリエのあるこの建物を一階ずつ改装し、時には自分が購入した作品や他のアーティストに依頼した作品を設置しました。

ジャッドはポロックやニューマンの絵画を高く評価し、とりわけニューマンとは親交が深かったそうです。歴史的に見ればジャッドの芸術観は、物語や象徴への従属を脱するために物質性を強調する19世紀以後の絵画思想の最後に位置づけらます。

 

 

3. 建築とインスタレーション、新しい素材の導入

チナティ財団

 

1970年代初頭、ドナルド・ジャッドは家族と共にバハ・カリフォルニアへ旅行し、そこでの砂漠の風景に深い影響を受けます。

そこからの行動は早く、1971年にテキサス州のマーファという町に家を借り、その後、多数の建物と1.4 km²の広大な牧場を購入し、「アヤラ・デ・チナティ」と名付けました。

芸術・建築・自然を結び付けて全体を構成することを目標としていたジャッドは、購入した廃屋を段階的に美術館に改装し、砂漠の土地に巨大な屋外インスタレーション作品を設置。

この時期から、ジャッドの作品は大規模で複雑な形状へと進化していくことになります。

1970年代から1980年代にかけて、ジャッドはヨーロッパの古典的な具象彫刻の理念とは正反対の、根本的な彫刻作品の制作を開始。そこには芸術作品が自立し、単に存在するものであるべきだと考えがありました。

 

素材の探求

1972年頃から、ジャッドは耐久性の高い合板を作品の素材として使用し始め、これにより作品の大きさを拡大することが可能になります。1980年代に入ると、屋外作品の素材としてコールテン鋼を使用し始め、これは彼の作品に新たな次元を加えました。

さらに1984年、ジャッドはスイスのLehni AGからの依頼により、アルミにエナメルを塗った作品の制作を始めます。

これらの作品は、色彩の可能性を広げ、1つの作品に複数の色を用いることを可能にしました。

 

チナティ財団

先ほど出てきたチナティの地でジャッドは、自身と同時代の芸術家たちのための非営利芸術財団として「チナティ・ファンデーション(Chinati Foundation)」を1986年に設立し、美術館の運営をはじめています。

当初はドナルド・ジャッドのほか、ジョン・チェンバレン(1927-2011)、ダン・フレイヴィン(1933-1996)の3アーティストの作品のみを展示していましたが、現在は11人のアーティストの12作品を常設しており、ガイドツアー付きで一般公開されています。

 

4. ジャッドの作品の特徴

無題 1980-1984年

 

ここからは、改めてドナルド・ジャッドの作品の特徴を紹介します。

ジャッドは、箱の形を基にして、それに色を付け、床に置いたり、規則正しく並べたりする手法を用いて、色彩と形態を可能な限り単純化した作品を数多く制作しました。

また、アルミや銅、プレキシグラスなどの工業製品を使用しながら、職人やメーカーに製作を委託するなど、作家の情念や周辺環境に影響されることなく、作品自体が自律して鑑賞者と向き合えるような作品を展開しました。

このような特徴から、ジャッドはミニマリズムの先駆者と見なされていますが、彼自身はこのレッテルを否定しています。

彼はミニマル・アートのカテゴリーに分類されることに対し、自身の作品は無表情の反芸術ではないとして捉え、既存の芸術潮流には当てはまらないと考えていたようです。

 

作品の「自律性」を重視

また、ジャッドは作品に物語性を持たせたり、何かを象徴として関連付けたりする表現を否定しました。

彼のほとんどの作品は「無題」。ジャッドはキュレーターによる意味づけや、時代を俯瞰するような展覧会への出品も拒否し、作品の独立性と純粋性を強く主張したのです。

ジャッドが自身の作品にタイトルを付けなかったのも、彼の芸術における「自律性」の追求から来ています。

彼は作品を「無題」とすることで、それぞれの観客が直接作品に触れ、独自の解釈を持つことを重視し、時代や流行に左右される展覧会への参加を避け、作品が独立した存在として評価されることを望んでいました。

 

5. ジャッドの代表作を紹介

 

ジャッドの主な作品についても、押さえておきましょう。

テーブルオブジェクト(1967)

「テーブルオブジェクト」は、作家の痕跡を排除することを意図し、アルミや合板などの工業素材を使用した作品です。これは先に紹介した「スペシフィック・オブジェクト」という概念を体現しており、アルミニウムとスチールという異素材を同一の構造を用いて表現しています。

 

BOX(1975-1977)

アルミニウムで作られた「BOX」は、ノーザン・ケンタッキー大学に依頼されて制作した巨大な箱の作品です。ジャッドはこの作品でアルミニウムの特性に興味を持ち、のちにマーファの倉庫で同じような立方体を100個展示するインスタレーション作品に昇華させました。

 

無題(1989)

「無題(1989)」は、銅とプレキシガラスで作られた10個の箱状物体が壁に等間隔で取り付けられた作品です。ジャッドはこの作品で、台座やフレームを使用せず、物体を「自立した物質」として存在させることを重視しました。

 

無題(1991)

「無題(1991)」は、スイスのアルミニウムメーカーとのコラボレーションを通じて、複数の色を使用した作品です。ジャッドは工業用カラーチャートから色を選び、すべての色が同時に存在するように作品を構成しました。

 

無題:TWELVE WORKS(制作年不明)

「無題:TWELVE WORKS」は、アルミニウム製の12個の立体作品が等間隔に並べられたインスタレーションです。この作品では、異なる12色の関係性がシンプルでありながら複雑なコントラストを生み出しています。

 

テーブル(1990)

「テーブル(1990)」は、ケルン芸術家協会のディレクターのために特別に制作された作品です。ジャッドの家具デザインは、現在も彼のオリジナルデザインを基に製作されています。

 

6. ジャッドの家具と晩年

 

晩年のジャッドは、家具製作にも注力しています。

1970年にマーファに移住した際、自分の好みに合う家具が見つからず、自ら制作を始めたことをきったけに家具の制作を始めます。特に木製家具の制作に没頭し、様々な材料や技術を用いて家具を改良しました。

また、彼は家具製作の仕事とアートを明確に区別し、「芸術作品はそれ自体として存在し、椅子は椅子そのものとして存在する」という考えを持っていました。

 

環境と土地保全への関与

マーファに移住して以降、ジャッドは作品制作だけでなく、環境活動や土地の保全活動にも熱心に取り組みました。彼のこの分野への関心は、彼の芸術作品と同様に、彼の生活と哲学の一部となりました。

 

ジャッドは1994年2月12日、ニューヨークで悪性リンパ腫のため亡くなりました。

ジャッドの作品は、彼の時代の芸術的な潮流に対する明確な対応として認識されています。

彼のアートは、形式の簡素化と素材の革新によって特徴づけられ、モダニズム彫刻の領域において重要な役割を果たしました。

その物以外の空間性の暗示を排除し、経験の条件を絞りこんだ作品は、周囲の環境との関係に開かれ、その自律性にかすかな揺らぎがもたらされています。

またマーファでのプロジェクトや家具デザインは、彼の多面的な才能と深い洞察力を示しており、後世の芸術家たちに大きな影響を与えました。

ジャッドの作品は、20世紀後半のアートシーンにおける重要なマイルストーンとして、今日でも広く評価されています。

 

5分で学ぶ、ジャクソン・ポロック【なぜその絵画の価格は高いのか?】作品の特徴や死因も

コンセプチュアル・アートの創始者マルセル・デュシャンの作品を解説!【便器の“泉”とは?】

【本要約まとめ】山口周のビジネス戦略とアート思考、未来への提言(リベラルアーツ、教養、時代を生き抜く力)

person taking picture of man wearing brown hat painting

アート思考を身につけて、新しい発想力を手に入れよう!『13歳からのアート思考』要約

アクセスランキング