『DIE WITH ZERO (ダイウィズゼロ)』要約(お金と時間を賢く使い切って死ぬ)

日々を豊かに、丁寧に暮らす


この記事で
ビル・パーキンスさんの著書「DIE WITH ZERO」を紹介します。

本書は、お金稼ぎ方や増やし方ではなくお金の使い切り方をテーマにした、少し変わった切り口の本です

タイトルのDIE WITH ZERO日本訳す、“ゼロ死ぬという意味

必要以上のお金を貯め込むことを良しとせず経済的な価値以上の本当の豊かさを追求することを目的とした本なっています


イソップ童話のアリとキリギリスを、一度は聞いたことありますよね?

夏の間勤勉なアリ冬の食料を蓄えるためにせっせと働いていましたがキリギリスは自由に遊んで過ごしていました

その結果、やがて冬が来た時にアリは生き残れましたがキリギリスは飢え死にしてしまいます

この話の教訓は、「人生にはべき時と遊ぶべき時があるということです

キリギリスの結末はもちろん悲惨なものでしたが、アリは幸せだったのでしょうか

短い生涯で働いて楽しい時間をつも持つことなくそのまま死んでいくとしたらそれが幸せだったと言えるのか。

 

今回は本書の中から、特に重要なポイントをつ取り上げて解説していきます

それでは、早速みていきましょう!

 

1. 今しかできないことにお金を使う

woman lying on bed covering her face surrounded by photos and white camera


私たちは普段まるで、人生が
ずっと続くかのような感覚で生きています

そのため喜びを先送りして手遅れになるまでやりたいことを我慢しただお金を稼ぐばかりな生き方になりがちです

人はいつか死ぬからこそ限られた時間の中で最大限に命を燃やす方法を考えなければなりません

例えば、90歳になって水上スキーを始めるのは現実的には難しいですよね

今やりたいことを我慢すればその分のお金は貯まりますが十分なお金を得たころにはやりたかったことができない年齢かもしれません

大切なこと自分が何をすれば幸せなのかを知りその経験に惜しまずお金を使うことです

まだ物心のつかない幼い頃に海外旅行に連れて行ってもらっても、アイスが美味しかった思い出くらいしか得られるものはありません

一方で、90歳の時に富士登山をしようとしても、楽しめるかは分かりません

重要なのはタイミングで時間とお金という限りある資源使うにふさわしい時期に使うことで私たちは豊かな人生を送れるのです

 

2. 人生で一番大切な仕事は、思い出作り

purple flowers on brown open book


人生は毎日
毎週毎年の経験の合計によって決まります

最後に振り返ったときに、その合計された経験の豊かさがどれだけ充実した人生を送ったかを測る物差しになります

また投資と同じように、若いときに勉強した方が効率が良いのは学んだことその後もずっと使い続けることができるからです。

例えば、足し算のやり方を一度身につければその知識はその後生涯にわたって役立ちリターンをもたらしてくれます

これは人生の思い出でも同じで経験からはその瞬間の喜びだけではなく後で思い出せる記憶が得られます

とても素晴らしい旅行を経験することでその時に楽しかったというだけではなく旅行で得た知識や思い出は友達に話したり一緒に旅した人と思い出話にふけったりとその後も繰り返し人生で再活用できるのです

こういう体験から新たに生まれる経験はまさに記憶からの配当と言えます

たいてい人生を豊かにする経験には時間とお金がかかるものですが若くて元気に満ちたうちならお金をかけなくても経験から大きな喜びを得られます

そして、得られた思い出は老後の時間を豊かにします。

だからこそとにかく早い段階で経験に投資をするべきなのです。

 

3. 早死リスクと長寿リスク

woman in red long sleeve shirt lying on black sand


私たちは自分がいつ死ぬのかを
あらかじめ確実に知ることはできません

そのため常につのリスクを抱えています

つは早く死にすぎてしまう早死リスク

もうつは長く行き過ぎてお金が足りなくなる長寿リスクです

早死リスクには対処する方法として生命保険などがあります

生命保険会社もあなたがいつ死ぬかを正確に知っているわけではありませんが多くの人から保険金を集めることで統計的に死亡率を分析しもし加入者が早死にした場合でも、利益を得ながらその家族に確実にお金が支払われる仕組みができています

これは私たち個人にはまねができない仕組みなので保険会社を利用することのみで、早死リスクに対処することが可能になります

 

一方で長寿リスクに対処する商品もあります。

それが長寿年金と呼ばれているものです

これは生命保険とは反対の性質を持っており、長生きしすぎて資産を使い果たしてしまうリスクから身を守ってくれます

例えば、60歳の時点で5,000万円の長寿年金を購入したとするとその掛け金は一旦すべて保険会社のものになります

その見返りとしてあなたは残りの人生の月々の支払いが保証されます

生きている限り例えば20万円を毎月必ず受け取ることができるです

自分ひとりで長寿リスクに対処しようとすれば不安を取り除くために予備のお金を大量に残しておかなければなりません

長寿年金という仕組みを利用することで死ぬ前に資産が尽きないようにしながら生きているうちにお金を使い切ることが可能になるのです

 

4. 子供には死ぬ前に与える

boy sitting on the swing


“ゼロ
で死ぬ” という話を聞いたとき子供に何も残さないというのかと思った方もいるかもしれません

著者はそうではなく子どもに与えるべきお金を取り分けた上で残りの自分のためのお金を生きているうちに使い切るべきだと言っています

そして子どもにはあなたが死んだ時の遺産として財産を残すよりも死ぬ前に財産を与えるべきです。

FRB連邦準備制度理事会の調査によると人が遺産を相続する平均的な年齢は60歳だそうです

人は晩年になってから相続をすることが多いということですがこれでは子どもたち受け取ったお金を最大限に活用できるタイミングを逃してしまいます

子供がお金を最も必要とするのは一般的に2635歳くらいでそれを過ぎるとお金の価値はどんどんと落ちていきます

子供に財産を分け与えたいのなら金額のことだけではなくできる限り最適なタイミングを考えるべきなのです

 

5. 物事には賞味期限がある

woman in white long sleeve shirt holding white printer paper


著者の
パーキンスさんは、娘が幼い頃にいつも一緒にお気に入りのディズニー映画を何度も観ていたそうです。

しかし、ある日突然、「もうこんな子供向けの映画は観たくない!」と言われてしまいます

このように、どんな物事も永遠には続かず人生は移り変わっていきます

やがて成長した娘のピアノの発表会を聞いたり一緒に旅行に出かけたりして楽しむこともできますがそれもいつかは終わります。

そのうち子供の成長を見守る父親としてのステージも終わります。

様々な経験の中には将来に先延ばしができるものもありますが、多くの経験は時期を逃すと二度と取り戻すことができません。

一番の悲劇は死ぬ間際になって、機会を逃したことへの後悔を感じることです。

その時にはもう生き方を改める時間すら残されていません

人生のステージの有限性を意識するためのツールとしてタイムバケットがあります

まず25293034歳というように時間で区切り(バケット)を作ります

そこからあなたが死ぬまでに実現したいと思っているリストを書き出しそれぞれを実現したい時期のバケットに入れていきます

するとリストの中には人生の特定の時期に行なった方がいいものが見えてくるはずです

登山をしたりロックコンサートに行くなら若い時の方が楽しめますし古典小説を読んだりクルーズ船での旅行などは、歳をとってからでも楽しむことができます

そして期間を明確にすることで同じ期間に同時にやるのは難しいことや具体的に段取りを組まなければ実現が難しいものがあることにも気づくと思います

たとえば家族を持ってからでないとできないことや独身の時の方がやりやすいことが明らかになればそれぞれの人生のステージにおける優先順位が変わってきます。

タイムバケットを作ることで漠然と死ぬまでにできたらいいなと思っていたことを現実的な問題として捉えることができるようになるのです

死ぬ前に後悔することトップ

  • 勇気を出してもっと自分に正直に生きれば良かった
  • 働きすぎなければよかった


つだそうです

老後に備えて生活資金を貯めなければと考えている人は多いですがほとんどの人は心配しすぎるあまりに使い切れないほどのお金をため込んだまま死んでいきます

本書はやりたかったことを十分にできなかったと死ぬ間際になって後悔をすることがないよう人生の早い時期から自分の価値観に向き合うことの大切さを教えてくれます

この記事を読んで、興味を持った方はぜひ実際に手に取ってみてください。

 

 

【5分で学ぶ】強烈な死生観!ダミアン・ハーストの魅力を解説(サメ, 牛, ひつじ, 蝶)

『DEATH「死」とは何か』要約(社会、不安、恐怖、死はなぜ怖いのか?)