5分で学ぶ『眠れなくなるほど面白い孫氏の兵法』要約【前編】(名言・戦術をサクッと紹介)

depth of field photography of man playing chess ハッとさせられる考え方・哲学

 

みなさんは、“孫氏の兵法”を知っていますか?

「孫氏」は今から2,500年ほど前戦争などにおいて、兵の用い方を説いた書物。中国春秋時代の武将軍事思想家である孫氏によって書かれ、戦争に勝利するための戦術が理論的に記されています。

その中身は人間に対する深い洞察によって裏打ちされたもので、多くのビジネスマンやスポーツ選手がバイブルとするほど、現代においても応用できる活きた内容です。

 

この記事では、そんな“孫氏の兵法”について書かれた「眠れなくなるほど面白い孫氏の兵法」を紹介します(AmazonPrime会員はKindleで無料で読めます!)。

  • 孫氏の概要を理解したい
  • 敵に負けない方法を知りたい
  • リーダー論としてビジネスに生かしたい

という方必見です。

どうすれば敵に負けることなく、利益を獲得することができるのでしょうか。さっそく中身を見ていきましょう!

 

1. 戦いを軽々しくを行ってはいけない

lego minifig holding black camera

 

まずは、戦う上での心構えについてです。

物事のほぼすべてのことには、利益と害悪の2つの側面があります。利益はもちろんたくさん手に入れたいものですよね。しかしそれだけに注目していると、いつか必ず大きな失敗に陥ってしまいます。一方で、害悪ばかりをに目を向けても、それはそれで何一つとして前に進みません。

そんな中で、大きな困難に出会うことなく、利益を求めて計画通りに進められる人もいます。彼らは決して利益だけを見ていて、害悪を全く恐れていないわけではありません。利益と害悪の両面を知った上で、それらを巧みに利用しているのです。

例えば、相手が自分たちにとって不利な事業に着手しようとしているとき、相手のその事業に伴う損害を並べ、相手に考え直すように促します。また逆に、相手を大したことない事業で浪費させたいときには、その事業の利益ばかりを強調し、害悪に目が向かないように注意を向けさせます。

そんな悪いことできない!と思うかもしれませんが、ビジネスという名の戦場においては、当たり前のように考えるべきことです。

もし敵対している相手があなたに心地の良い言葉を並べてきた時は、警戒心を持たなければ危険が伴います。相手の戦略にまんまとはまらないように、用心することが大切です。利益と害悪の両面を巧みに利用すれば、勝負に勝つ可能性は高まります。

 

しかし、もしビジネス場においてあなたが相手に勝負を挑むとき、たとえ自分の方が力を持っている時でも、むやみに争いを起こしてはいけません。

孫氏には、「戦争とは国家の大事なり、軍が最大限の力を発揮するためには、上下の心をひとつにする必要がある」と書かれています。

兵から疑念を抱かれてしまえば、戦い恐れる心が強くなり、士気が弱まる可能性が高くなります。兵に疑念を抱かせずに従わせるために大事になるのが、日頃の行いです。終始公正な態度をとり、信頼関係を構築していなければ、兵はあっという間にやる気を無くし、言うことを聞かなくなってしまうのです。これでは、戦いどころではないですよね。

兵を収めるリーダーが考えるべきことは、道・天・地・将・法の5つです。それぞれ、

  • 道:国内における政治の正しいあり方
  • 天:気象条件の良し悪し
  • 地:地理的条件
  • 将:指揮官の能力
  • 法:軍法

を表しています。

信頼関係を築くには、まさに道で大切です。将もこれに関連しており、兵を預かる指揮官には以下のような資質が必要となります。

  • 物事を明察する知力
  • 部下からの信頼
  • 部下への思いやりの心
  • 困難にも挫けない勇気
  • 規律を保つ厳格さ

などです。

これらを持ち合わせた指揮官が、初めて軍隊に適用される特別な法体系の軍法を明確に用いることが出来るのです。この5つの基本事項に一つでも不安があるなら、戦いを仕掛けてはいけません。

戦いは一大事であり、軽々しく行ってはいけないということです。

 

2. 余計な指示が現場を混乱させる

people sitting on chair inside room

 

国の最高権力者である君主には、その補佐役となる指揮官が存在します。会社でいうと君主は社長やCEO、指揮官は部長や次長などです。この君主と指揮官の関係によっては、国の明暗は大きく分かれます。

君主と指揮官が信頼関係で結ばれ、親密であれば国は安泰。しかし関係が疎遠であれば、国は必ず弱まっていきます。例えば、指揮官が戦地に出払っていて不在の時には、君主に取り入ろうとする者や、敵国に内通して亀裂を広げようとする者が出てくるでしょう。

こういった事態であっても、君主と指揮官の関係が強ければ危険を回避することができますが、疎遠であれば、小さな亀裂から組織は簡単に弱まってしまうということです。

また、君主と指揮官に信頼関係があるなら、君主は指揮官に細かな指図をすべきではないです。なぜなら、君主は戦場の前線のことをよく知らないからです。

もし、前線で戦う兵士たちが君主と指揮官それぞれから指示された場合、どちらに従えばいいか惑いますよね。これでは指揮系統が乱れ、軍としての軍形が守れず敗北は避けられません。

もちろん現代のビジネルの場においても同じことが言えます。管理側と現場の意見が一致せず、社員が疲弊していくことはよくありますよね。組織のトップは指揮官を一度任命したら、すべての権利をその指揮官に委譲すること。そして、現場の指揮に一切干渉しないことが大切です。

また、指揮官側もトップからの命令に対しても、すべて絶対服従ではいけません。目の前の状況に合わせて対処することを、最優先するべきです。

開戦前は指示系統が保たれていた軍隊でも、乱戦になれば陣形は乱れ、混乱が生じる場面は必ずあります。それにより、どんな軍隊でも劣勢に陥れば戦力が低下してしまうのです。

指揮官は軍の編成を整え、場面に合わせて統制を取る。軍全体の士気を高め、戦闘に突入する際の勢いを与える。こうして準備の整った強力な陣形を取ることが必要になるのです。

 

3. 戦わずに相手を屈服させるのが最善の策

two women sitting on chair

 

ここからは、勝つための策を練ることについてです。

戦うだけが、戦争ではありません。

一戦も交えることなく、敵国を屈服させることができれば、味方に損害もなく、かつ相手の戦力をまるまる味方にすることができるため、戦う上での最善の策と言えます。

これも戦争に限ったことではなく、社会においても争いごとは戦わずして早期決着させるのが賢明です。

その時に大事になるのが、相手を最初から叩かないこと。相手を無傷で自分の陣営取り込めるように動きましょう。それが難しい場合は、次の策として相手の弱体化を狙います。こちらが有利な立場にあることがお互い認識できたタイミングで話し合いを相手に持ちかければ、譲歩を狙うことができるでしょう。

しかし、相手が譲歩した時には、寛容な態度でそれ受け入れることが必要です。そうでなければ、円満な戦いの解決へ導くことができません。相手を力でねじ伏せることは一番よくないです。これではたとえ勝っても、お互いに満身創痍でトータルの力はかえって衰えてしまいます。

危険と消耗をなるべく避けることが、戦略を見極めるポイントだということです。

この時にもう一つ心がけたいのは、最初から完全勝利は諦めること。戦いが長引けばな長引くほど、不測の事態も起こりかねません。会社で考えると、費用がかかりすぎたり、イメージダウンが起きたり、内部情報が明るみに出てしまったりすることなどです。

これらは大損害につながりかねません。そうならないためにも、多少理想の結果とは違うところがあったとしても、そこは目を瞑りましょう。迅速に切り上げることが得策です。

だらだらと未練がましく続けても、いいことはありません。そもそも負けては意味がないので、戦うの場合は即戦即決に限ります。大事なことは、“勝ち方は二の次”という考え方です。

この続きは後編で。

 

 

person standing near the stairs

『ストーリーとしての競争戦略』要約(賢くバカになろう)【楠木建】