アート思考とは?『13歳からのアート思考』要約【前編】(アートとは何なのか?)

person taking picture of man wearing brown hat painting ハッとさせられる考え方・哲学


今回は、末永幸歩(すえなが ゆきほ)さんの「13歳からのアート思考」という本の紹介です。


タイトルに“13歳から”とある理由は、多くの人が美術に対して苦手意識をもつ分岐点が、小学校〜中学校に進むタイミングだからだそうです。

小学校までは自由に絵を描いていた子も、中学校に入って絵を描く技術や正確な知識を求められるようになった途端に、興味を失う人も少なくありません。

美術の本質は、自分なりの物の見方を掘り下げる“アート思考”にあり、たった1つの正解を求めるものではない」ということが、この本のテーマです。

この記事を読めば、“あなたなりのアートの見方”が見つかるきっかけになるはずです。

山口 周『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』要約(MBA必読書)

なぜ値段が高い?5分で学ぶ 、 マーク・ロスコ(最も有名な抽象画家のひとり)

1. モネの睡蓮にいるカエルを見つけられるか?


最初に、美術館に来たつもりで、
次の絵を鑑賞してみてください。

クロード・モネ 「睡蓮」 出典:https://chagall.co.jp/

解説文:

1883年以来、パリから数十キロ程セーヌ河を下った小村ジヴェルニーで制作していたモネは、1893年、新たに屋敷の前の土地を購入し、やがてそこに日本風の庭園を造成する。

敷地内を流れる小川を利用して、睡蓮を浮かべた大きな池が掘られ、太鼓橋が架けられ、岸辺には柳や灌木が植えられた。

外界とは隔絶されたこの水の世界に隠遁しながら、モネは、「睡蓮」の連作に没頭していく。

庭の隅にガラス張りの大きなアトリエを建て、自由に移動できるように車をつけたイーゼルを立てて、朝から夕方まで、時とともに移り変わる池の様子、水面の反映と鮮やかな花の美しさを捉えようと試みたのである。

ーー 引用:国立西洋美術館

さて、あなたは絵を見ていた時間と、解説文を読んでいた時間、どちらが長かったですか?

おそらく、ほとんどの人が、解説文に多く目を向けていたはずです。

このように、実際に美術館を訪れても、作品を観るのはせいぜい数秒で、すぐに作品の解説などを読んで、何となく納得したような気になってしまっていないでしょうか?

これでは見えるはずのものも見えませんし、感じられるはずのものも感じられません。

ここで、1つエピソード。

岡山県にある大原美術館で4歳の男の子が、モネの睡蓮を指さして、

「カエルがいる!」と言ったそうです。

みなさんは、先ほどの絵の中にカエルを発見できましたか?

実は、カエルは描かれていません。

それどころか、モネの作品群である睡蓮の中にはカエルが描かれたものは、一枚もないです。

close view of green frog on purple flower


その場にいた学芸員は、この絵の中にカエルがいないことは当然知っていたはずですが、

「えっ、どこにいるの?」と聞き返します。

すると、その男の子はこう答えたのです。

「いま、水に潜っている。」

著者は、これこそが本来の意味での“アート鑑賞”だと言います。

その男の子は作品名や解説文といった、既存の情報に正解を見つけませんでした。

むしろ、自分だけのモノの見方でその作品を捉え、彼なりの答えを手に入れています。

彼の答えを、皆さんはどう感じましたか?

くだらない、子供じみていると思いましたか?

ピカソは、こんな名言を残しています。

子どもは誰もがアーティストである、しかし大人になった時そうでい続けられない。

みなさんは、どう感じたでしょうか?

POINT
  • 多くの人が、作品よりも解説をみることに時間を割きがち
  • 自分なりの答えを出すことがアート鑑賞
  • 子どもは誰もがアーティスト by ピカソ

2. アートという植物が面白いのは根っこ


ここから、本書のタイトルにある、“アート思考”とはどんなものなのか。

それを知るために、“アートという植物”について、みていきましょう。

ここで、また1つ質問です。

いまから5秒間で、できるだけ完全な「タンポポ」の姿を思い描いてみてください。

man looking up holding his hair


いかがでしょう?

きっと、地面から顔を出した鮮やかな黄色の花を思い浮かべたのではないでしょうか?

しかしそれは、タンポポのほんの一部に過ぎません。

もう少し想像膨らませて、地面の中をのぞいてみると、地中にはタンポポの根が伸びています。

ものによっては、1mにも及ぶそうです。

また、別の角度でタンポポをみると、花を咲かせている期間は1年間のうちたった1週間程度です。

あなたが思い浮かべた、黄色いタンポポは、様々に姿を変える植物のほんの一瞬。

空間的にも時間的にも、タンポポという植物の大半を占めているのは、実は目に見えない地中の部分なのです。

アートというのは、まさにこのタンポポに似ているのです。

yellow flowers in tilt shift lens


ここから、やや抽象的な話をしていきます。

アート作品そのものを、地表部分に顔を出す“表現の花”とします。

この花の根元には、“興味の種”があり、そこから四方八方に無数の根が生えています。

何の脈絡もなく広がっているように見えるが、地中深くのどこか1点に繋がっている、これを“探求の根”と言うことにします。

この“探求の根”は、アート作品が生み出されるまでの、長い過程を示しています。

アートという植物はタンポポと同じく、大部分を占めるのは目に見える“表現の花”ではなく、地表に顔を出さない“探求の根”の部分。

アートにとって本質的なのは、作品が生み出されるまでの過程です。

花に焦点を当ててアート作品を見ても、「よくわからない、きれい、すごい」としか言えないのは、その裏にある“探求の根”を意識できていないからです。

どんなに上手に絵が描けたとしても、斬新なデザインを生み出すことができても、それは花の部分で、深い根がなければ、その花はすぐに枯れてしまいます。

“表現の花” = 作品そのものだけでは、本当の意味でのアートとは呼べないのです。

POINT
  • 植物の大半を占めるのは、目に見えない根の部分
  • アートの本質は植物と同じで、生まれるまでの過程 = “探求の根”にある
  • アートの鑑賞は“探求の根”を意識しよう

3. アートという植物の生態を知ろう!


アートという植物の生態を、もう少し詳しくみていきましょう。

この植物が養分にするのは、自分自身の内部に眠る、興味や好奇心、疑問です。

アートという植物は、この“興味の種”からすべてが始まります。

ここから根が出てくるまでは、何年、何ヶ月もかかることがあります。

また、アート活動を突き動かすのは自分自身で、他人が定めたゴールに向かって進むわけではありません。

地下世界でじっくりとその根を伸ばしている間にも、地上では他の人たちが次々ときれいな花を咲かせていきます。

selective focus photography of pink petaled flower


しかし、アートという植物は、地上の流行・批評・環境変化など全く気にしません

そして不思議なことに、何の脈絡もなく生えていた根たちは、ある時どこかで1つにつながります。

まるで、事前に計画されていたかのように。

そうしてつながった瞬間、誰も予期していなかったようなタイミングで、開花するのです。

これが、アートという植物の生態です。

この植物を育てることに一生を費やす人こそが、アーティストです。

とはいえ、アーティストは花を咲かせることにそれほど興味を持っていません

アートという植物にとって、花は単なる結果でしかないことを知っているからです。

POINT
  • アートという植物は“興味の種”からはじまる
  • アートという植物は周りの環境変化に鈍感
  • “表現の花”は誰も予期しないときに花開く
  • アーティストにとっては過程が大事で、花にそれほど興味がない

4. 花職人は真のアーティストにはなれない


世の中にはアーティストとして生きる人がいる一方、種や根のない花だけを作る人たちがいます。

彼らを“花職人”と呼ぶことにしましょう。

花職人がアーティストと決定的に違うのは、気づかないうちに他人が定めたゴールに向かって手を動かしているという点です。

彼らは先人が生み出した花づくりの技術や、花の知識を得るために長い期間にわたって訓練を受けます。

花職人の中には立派な花を作り上げたことで、高い評価を受ける人もいます。

しかし、どんなに成功した花であっても、似たような花をより早く、精密に作り出す別の花職人が現れるのは時間の問題です。

そうなったとき、既存の花づくりの知識や技術しかもたない彼らには、打つ手がありません。

person holding black metal frames


とはいえ、誰しもが最初から花職人になることを志しているわけではありません。

一度は自分の興味から“探求の根”を伸ばそうと踏み出したものの、道半ばで花職人に転向する人も多くいます。

なぜなら、根を伸ばすには相当な時間と労力が必要だからです。

これをやっておけば花が咲く、という確証もありません。

アーティストと花職人は、花を生み出しているという点で、外見的にはよく似ていますが、本質的には全く異なっています。

“興味の種”を自分の中に見つけ、“探求の根”をじっくりと伸ばし、ある時に独自の“表現の花”を咲かせる人、それが正真正銘のアーティストです

粘り強く根を伸ばして花を咲かせた人は、季節が変わって一度地上から姿を消すことになっても、何度でも新しい花を咲かせることができるのです。

POINT
  • “興味の種”からではなく、他人の決めたゴールで「作品 = 花」をつくる“花職人”がいる
  • “花職人”も始めからそうなりたかった人ばかりではない
  • “探求の根”を伸ばすには長い時間と労力がいる
  • 真のアーティストは根がしっかりしており、何度でも新しい花を咲かせる

ここまで“アート思考は何なのか”を知るために、“アートという植物”について解説をしてきました。

中編・後編では、知っておくべき現代アート6作品を紹介していきます。

この記事を読んで興味を持った方は、ぜひ実際に本書を読んでみてください。

著者紹介

出典:https://qonversations.net/

末永幸歩(すえなが ゆきほ)
美術教師、東京学芸大学個人研究員、アーティスト。
東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒。東京学芸大学大学院教育学研究科(美術教育)修了。
東京学芸大学個人研究員として美術教育の研究に励む一方、中学・高校の美術教師として教壇に立ってきた。子ども向けのアートワークショップ「ひろば100」を企画・開催。
著書に『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』。

関連書籍をチェックする ✔︎