『なまけもの時間術』要約 ①(上手に生きる方法)【ひろゆきの論破, 名言, 語録】

three people sitting in front of table laughing together 日々を豊かに、丁寧に暮らす

 

みなさんは、なるべくダラダラ生きていたいと思いますか?

この記事は、ひろゆきさんの書籍「なまけもの時間術」の紹介です。ひろゆきさん曰く、これからの世の中はますます “成果主義社会” に変わっていくそうです。

ただデスクに向かっているだけでは、給料は上がらない。会社員ならば、「9時〜17時で働いて、成果の上がった順でいい給料をもらえるようになる」ということです。そんな成果主義社会で、私たちは何をよりどころに生き残っていけばいいのでしょうか?

 

ひろゆきさんはズバリ、“怠け者”になれと言います。いったいどういうことなのか、さっそく内容をみていきましょう(ちなみに、ひろゆきさんの書籍の多くは過去の金言等をゴーストライターが文字起こししたもので、ひろゆきさんはあとがきのみ書いていることで有名です)。

 

1. 好きなことを仕事にしなくていい

person holding watermelon

 

世の中では、“好きなことを仕事にしなさい”という言葉が、もてはやされますよね。しかし逆に、好きすぎても仕事として成立しないというのもよくある話。ひろゆきさん的には、“好きを仕事にしない”という選択肢も、大いにアリです。なぜなら、好きな事を仕事にしようと決めた途端に挫折するパターンもけっこうあるからです。

例えば、食べることが好きな人が、飲食店を始めようとします。すると、食べることが好きなだけに、食材でこだわりすぎて原価率が高額になって、結局利益が出ないことはよくあります。また、ゲーム好きがゲーム会社で働くと、扱っているどのゲームにも没頭できず、ゲームをやっても楽しくない状況に陥り、会社を辞めてしまうということもあるそうです。

 

これら例からも分かるように、自分の好きなことと、仕事を切り分けるという選択肢もアリなのです。

自分の好きなことを分かっている人は、仕事は仕事と、趣味は趣味と割り切って、仕事以外の時間に思いっきり趣味に没頭するほうが、実は幸せなのかもしれません。やりたい趣味のための時間を確保するために、どんな仕事をした方がいいのか、と逆算して考えればいいのです。

 

そうやって割り切ってしまった方が、自分が何で幸せを感じるのかも分からずに、仕事が好きになれないと悶々と悩むよりも、ずっと楽に幸せで生きられるのではないでしょうか。

仕事で自己実現をしたいとか、好きなことでお金を稼ぎたいとか、そういう理想を追求しすぎると、逆に不幸になるかも知れません。もちろん、好きなことを仕事にするのが理想かもしれませんが、好きなことでお金を稼げている人が少ないのが現実です。

 

2. ある程度バカが上手くいく

man holding telephone screaming

 

好きでもないことを仕事するメリットは、他にもいくつかあります。その一例として、“過度な思い入れを持たず淡々と作業をこなす方が、仕事としての質は高くなる傾向がある”ということがあります。それは、なぜでしょうか?

例えば、電化製品で多機能で複雑なものと、ボタン1つで最低限の操作が出来るものがあれば、多くの人は操作に頭を使いたくないから、ボタン1つの方を選びます。しかし、機械マニアの人が作ってしまうと、自分と同じマニアの人にしか受け入れられないような多機能で複雑な製品を作ってしまいがちです。

 

これは電化製品に限ることではなく、モノやサービスの失敗の多くは、そこに原因があるのです。要するに、仕事にこだわりすぎると、成果物がマニアックになり、一般大衆に受け入れられにくくなってしまうということです。

ある程度バカになって、受け止める人の感覚を持って取り組んだ方が、世間で広く受け入れられるものができるに違いありません。

 

今回はひろゆきさんの書籍「ナマケモノ時間術」から2つのポイントを紹介しました。仕事は仕事と割り切って自分の時間を充実させた方が、好きを仕事にしている人より成果につながる可能性がある話は、目からウロコでしたね。

他にもこの本には上手く生きていく上で“なるほど”と思える考え方がたくさんあります。興味を持たれた方は、ぜひ本書を手にとってみてください。

 

 

【特集】ひろゆきの本要約まとめ(論破王の考える生き方、人生の楽しみ方)

『1%の努力』要約 ①(それ、無駄な努力ですよ)【ひろゆきの論破, 名言, 語録】

man in black shirt sitting on black chair during nighttime

『なまけもの時間術』要約 ②(暇だと不幸になる)【ひろゆきの論破, 名言, 語録】

著者紹介

出典:huffingtonpost.jp/

ひろゆき
本名:西村博之
1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2005年、株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。2019年、「ペンギン村」をリリース。